妊婦・出産の思い出

2005年08月04日

はじめまして、○○君

 眠気と痛さと戦い、いつの間にか朝になっていました。立会いは怖いと言っていたばばちゃは、心配になって見に来ていました。でも、そろそろ本当に出てくるところだったので、先生が手で「あっちに行ってて」と指示してました。
 ここの助産院のすぐとなりにお友達が住んでいたので、恥ずかしい声は出せないと、声を我慢していたら本当にいきんでいい所でも我慢していました。というか、力が入らなくなっていました。介助の助産師さんにお腹をおされ、母ちゃんは腹筋の格好で踏ん張り、赤ちゃんの頭がでてきました。「あとは力を抜いていいよ。」という声で、完全に力を抜いていると、ニュルンという間隔と共に「オギャ〜ッ!」。ぉぉ・・・産まれましたか。
 でも、名前を呼んであげる事がでいませんでした。まだ決まっていなかったからです。夫婦で考えていたのですが、最後の決定権は父ちゃんにゆだねていました。早く呼んであげたいなぁ〜。と思いながら赤ちゃんは母ちゃんの腹の上。へその緒の処理をしてもらっているときに、山形のじっかから電話が。母ちゃんは哀れもない姿で電話にでてました。
「今産まれました〜。産湯に入ってますよー。」
助産院、なんでもありです・・・。その後、父ちゃんにも自ら電話をすると、早退してとんできました。
「こんにちは。きみの名前はぽん吉だよ。」
そうか、ぽん吉くんか・・・。よろしくね。ぽん吉君。
 
 父ちゃんはここに来るまでの電車のなかで、名前を決定してきたそうです。椎名誠の小説と一緒だね、なんて話し、その日はそのままのんびり入院部屋で親子3人でゆっくり過ごしたのでありました。
 
 とても良く晴れた暑い夏の日でございました。


kyo_ponkichi at 07:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月03日

父ちゃん行ってらっしゃい

 去年の8月3日は定期検診の日でした。この頃になると毎回いた〜い内診があって、母ちゃんは嫌でした。
「子宮口は2cmだけど、まだかな?また来週の予約もしましょう。」
と、予定日だった10日に予約を入れて、助産院を後にしました。
 苦手な内診の後から、いな〜なお腹の張りが続いています。まあ、毎回のことだしなと思いながら、助産院名物「酵素風呂」へ行きました。ヌカと砂が混ざった砂風呂で、パンツ一丁の姿でその中へ入ります。この風呂に入った妊婦さんは、皆安産だったそうです。そんな自然療法が大好きな院長先生が建てたお風呂です。
 お風呂からあがり、すっきりして家に帰ると、父ちゃんはそのまま会社へ。今夜は泊まり勤務です。見送った後、我に返るとまだお腹が張っていました。3分間隔です。まさかねぇ〜と思いながら助産院へ電話。「晩御飯を食べてから、まだ張っていたら電話をくださいね。」とのことだったのですが、やはり張ったまま。再び電話をして父ちゃんと山形の実家へも電話して助産院へ向かいました。
 診察の結果、子宮口は3cm。このまま産まれるかもしれないから入院しましょうということになりました。張ってはいたものの、痛みは強くなくて余裕の母ちゃん。本当に産まれるのか疑問でした。
 
 でも、時間が経つにつれて痛みが強くなりました。一緒に来たばばちゃと先生、介助の助産師さんと4人で入院の部屋に入り、テレビをみながら和やかに時間は過ぎました。本当に、こんなんで産まれるのかなぁ・・・?陣痛の合間には、先生に携帯のメールのレクチャーしたりと、まだまだ余裕。少し辛くなってきたら、今度は眠くなりました。その間に、父ちゃんから何度かメールが来ていました。最初は返事をしていましたが、「痛い?」とのメールに「痛いよ」と返事を打つのが精一杯になり、その後は無視しました。
 そして暑い夜が更けて行ったのでした。
 
 やはり予想通り、父ちゃんの居ない日に出産となりました・・・。


kyo_ponkichi at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月02日

 去年の今日、山に登りました。と言っても隣町の小さな自然公園の山。以前住んでいたところは多摩丘陵の中だったので、山だらけでした。
 36週では陣痛もどきが来ていたのに、37週に入ったらすっかり落ち着いていた今日この頃。早くでておいで〜と願う母ちゃん。青森から上京して都会に疲れたばばちゃ。二人の願いは山登りという行動になりました。
 お休みだった父ちゃんに運転してもらい、生田緑地へ。枡形山の頂上を目指して歩きました。頂上にある展望台から見る景色は最高でした♪
 
 ・・・何やってたんだろう?


kyo_ponkichi at 20:35|PermalinkComments(1)TrackBack(0)